• 金. 9月 30th, 2022

タイ最低賃金の引き上げ急務か? 労働省は10月をめど。

Byサイト運営

8月 11, 2022

タイ労働省は、当初計画されていた2023年初頭ではなく、今年10月にも最低賃金を5〜8%引き上げる提案を進めています。

スチャート労働相は総督邸で、生活費の高騰により最低賃金は早ければ10月1日に調整される可能性があると言及しました。
行政の賃金委員会が、それぞれ新しい最低賃金をすでに決定していることに言及し、労働当局のチームが間もなく増分を最終決定するとのべています。

労働大臣によると、12の異なるレートで確立される新しい増額分は、各行政のGDPステータスに基づいて実施されます。

同氏は、専門家チームに今月末までに新たな最低賃金を最終決定するよう命じ、9月の閣議に提出される予定とのことです。

プーケット、東部経済回廊地域、バンコクでの生活費と生産費が高いため、Suchart 氏は、最初はこれらの地域で賃上げが始まる可能性があることを示しました。

タイの最低賃金は現在、地域によって313 ~ 336バーツとなっています。
5~8% の増加は、16~27バーツに相当します。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP