• 金. 12月 2nd, 2022

タイに原子力発電が来る?! 米国が支援。タイ国民は否定的。

Byサイト運営

11月 19, 2022

11月19日カマラ・ハリス副大統領は、気候変動との戦いの一環として、小型原子炉を利用した原子力発電をタイで開発することを米国が支援すると発表しました。

ホワイトハウスは、この提案は昨年のグラスゴー気候サミットで開始されたネットゼロ世界イニシアチブの一環であり、米国が民間部門や活動家と協力してクリーンエネルギーを促進するプロジェクトであると説明しています。

タイには原子力発電所がなく、2011年の日本での福島原発事故の後、この問題に関する世間の声は否定的です。

ホワイトハウスは、東南アジアの国に技術支援を提供して、工場で製造され、持ち運び可能な小型モジュール式原子炉の開発技術を展開すると述べています。
このような原子炉は、非常時に緊急停止する際、人間の手を必要としないため、一般的に安全であると考えられています。

ハリス氏と同行している米国の高官は匿名を条件に、「タイと協力して、小型モジュラー原子炉と信頼できるクリーンエネルギー源の利点を活用できることを本当に楽しみにしています」と語ったとされています。

ホワイトハウスの声明によると、米国の専門家はタイと協力して原子炉を配備する予定であり、原子炉は「最高水準の安全性、セキュリティ、および不拡散」をモットーとしていると主張しています。

アジア太平洋経済協力サミット(APEC)のために米国の同盟国を訪問しているハリス氏は、土曜日遅くにタイのプラユット首相との会談で原子力について話し合う予定です。

ホワイトハウスはまた、第5世代インターネットの安全性を高めるためのタイとのイニシアチブと、チョンブリー県東部に「世界クラスの」がん治療センターを建設するプロジェクトを発表しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP