• 火. 11月 29th, 2022

『ターミナル21ラマ3』レポート~現地に行ってみたらモールというよりテーマパークだった件。

Byサイト運営

10月 21, 2022

ターミナル21ラマ3、満を持してグランドオープン!

コロナ禍で長らくオープンを見合わせていたターミナル21ラマ3が、本日2022年10月20日(木)、ついに待ちに待ったグランドオープンとなりました。アソーク、パタヤ、コラートに続き、今回のラマ3支店は4店舗目となります。

チャオプラヤー川に面した絶景ロケーションに、魅力的なテナントの数々、そしてインスタ映えをこれでもかというほど意識したフォトジェニックスポット満載の店内は、いつまでいても飽きません!

さっそくターミナル21ラマ3の様子をレポートしたいと思います。

★概要・行き方はこちらの記事からご覧ください。

ウォーターフロントが絶景。『ターミナル21ラマ3』10月20日グランドオープン!

【外観】

AM10:00オープンということで、エントランス前にはすでに開店時間を待つ人たちで長蛇の列!

車で来ている方々も多く、駐車場に向かう渋滞の列もしっかり出来上がっていました。

開店すると列が進み始め、入口付近でEVEANDBOYの福袋引換券と韓国式美容クリニックGo-Eunの2,000バーツバウチャーが配られていました。

G階(イングランド)】

地上階のG階はイングランドをイメージしたインテリア。

エントランス入ってすぐ左にはスタバ、右にはユニクロがあります。

EVEANDBOYでは購入レシート1枚と交換で福袋がもらえるとのことで、入店後は早速EVEANDBOYで軽くお買い物。オープニングセール実施中で、中には80%以上のディスカウント商品もありました。

FBでチェックイン&LINEで友だち登録するとオープン記念のコースターがもらえます。また、1,500バーツ以上ご利用の方はレシート提示でマグカップがもらえますよ。

さらに奥に進んでいきましょう。

G階は衣類やアクセサリーなどのお店と、カフェやデザートショップがメインとなっています。

突き当たりにも出入り口があり、チャオプラヤー川のほうに出られるようになっています。バイク置き場と船着き場があります。

1階(イタリア)】

1階のコンセプトはイタリア。半分はレストラン、もう半分はスポーツ店やライフスタイル系のテナントが入っています。

 

 

無印は1階の突き当たりにあります。

無印の向かって左端には出入り口(GATE1)があり、外の歩道橋のほうに出ることができますよ。

ターミナル21ラマ3はトイレの内装の作り込みも必見! 1階のトイレはピッツェリア風です。かわいいトマトたちがお出迎え。

犬と一緒にベスパに乗って写真を撮れるスポットも。

 

2階(フランス)】

2階のコンセプトはフランスです。こちらも1階同様にレストランフロアで、その中にライフスタイル系のお店や雑貨店もある形となっています。

和食では数あるモールですっかりおなじみのやよい軒にからやま、CoCo壱番屋などに加え、幸楽苑もオープン。

 

 

さらに今回の目玉は、日本でも話題の一人焼肉店「焼き肉ライク」です! ラップラオ店、メガバンナー店に続き、とうとうラマ3エリアにも上陸しました。

 

11時、広場ではイベントの準備が着々と進行中でした。席取りのための折りたたみ椅子と連絡先が置かれています。この広さは今後もどんどん屋外イベントを開催していく予感がしますね。リバーフロントなので年末年始の花火も見られそう。

 

2階のフォトジェニックスポットはこんな感じ。

 

トイレはパリのパティスリー風で、マカロンショップのようです。作り込みがすごい。

 

3階(日本)】

3階は我らが日本コンセプト! お狐様がそこかしこにいて、少し懐かしい感じの雰囲気です。こうして日本がフィーチャーされているのを見るとやはり嬉しいですね。3階は家電量販店とスマホなどのショップがテナントとして入っています。

 

 

桜の木(そしてエキゾチックな2人の女性のオブジェ)のところには、ちょっとしたゲーセンがありました。5階に行けるエスカレーターも。

 

 

ちなみに5階に行くには、突き当たりの大きなエスカレーターのほうがわかりやすいと思います。5階には映画館がありますので、巨大なオスカー像があったりカメラマンに撮られる気分を味わえるフォトジェニックスポットがあったりします。

 

5階のトイレのテーマは温泉。カピバラとニホンザルが気持ちよさそうにくつろいでいます。

 

【4階】

4階は他の階と違って広いフロアはなく、3階と5階の間にLet’s Relaxが入っているのみです。

5階(サンフランシスコ)】

5階には激安フードコートでおなじみの「PIER21」があります。最近は物価上昇が気になるタイですが、今もこの値段で食べられるのはありがたいことですね。お昼時はかなりの大混雑ぶりでした。

支払いは従来式のカードトップアップはもちろん、それぞれのお店前に設置されている機械でQR支払いも可能で便利です。

 

映画館前にはもちろんフォトスポット。バンブルビーの前は訪れた人が入れ替わり立ち替わり一緒に写真を撮っていました。

 

映画館手前には屋内遊園地「ハーバーランド」が入りました。ただ、まだ準備中のようでオープンは少し先の様子。

 

LG階(カリビアン)】

G階から下に降りると屋台系のフードエリアとTOPSがあります。

LG階のイメージはカリビアンということで、マリンテイストでまとめられています。

 

フォトスポットもカリブ海やビーチを彷彿とさせます。

タピオカプリンで有名なBa Hao Tian Miや、パリスミッキもありました。

 

TOPSは比較的コンパクトめな店内面積の割に、肉と魚の種類が豊富な印象。日本プロダクトのコーナーもあります。ネオンサインの「おいしい!」が目印です。

 

以上、バンコクに生まれた新名所「ターミナル21ラマ3」のオープン初日レポでした。

この週末は友人やご家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか。見どころたっぷりで楽しい時間になるはずです。

各テナントでオープニングプロモーションもやっているので、お得にショッピングできるチャンスでもあります。お見逃しなく!

(写真・文:「うーる」ツイッター@woooooolsan

 

『ターミナル21ラマ3』
住所:3766 Thanon Rama Ill, Bang Khlo, Bang Kho Laem, Bangkok 10120

電話:023438899
営業時間:10時~20時
HP:https://www.terminal21.co.th/rama3/
フェイスブック:https://www.facebook.com/Terminal21Rama3ShoppingMall

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP