• 火. 11月 29th, 2022

プーケットで大雨の被害が拡大。電柱倒壊、停電、地滑り、建物倒壊。

Byサイト運営

10月 21, 2022

プーケットでは、大雨の被害が拡大しています。

プーケットの地方電力局 (PEA) は、10月19日の大雨で約10本の高圧電柱が倒壊し、島の国際空港への電力の復旧を急いでいます。

20日木曜日、警察はタラン地区の空港への古い道路を閉鎖し、運転手に迂回するよう求めました。
電柱が道路を塞ぐように倒れ、通行不能になっていました。

電柱の倒壊により、すぐ付近では停電が発生したため、PEAの職員は空港への電力供給も遮断しなければならないと述べ、エンジニアは電柱を立て直して電力供給を復旧する作業を行っていました。
おそらく現時点では、作業が完了しているはずです。

さらなる洪水により、プーケットは地滑りに見舞われました。
プーケット市内のカオラン山を含む、多くの場所で写真のような地滑りが発生しました。

 

日付が変わり21日深夜0時24分、プーケット市内のソイプラヨーン2で、建物が倒壊しました。
建物の下の土が、水で削られたものと思われます。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP