【タイ】新たな観光地となるか?!チャオプラヤー川にかかる公園・スカイパークがオープン

2020年6月24日。
バンコク都(BMA)は本日、チャオプラヤー川に架かる初の公共公園であるチャオプラヤースカイパークを正式にオープンしました。
開会式はプラユット首相が主宰した。

スカイパークは、1984年に計画され放棄されたラヴァリンスカイトレインの跡地に構築され、入口と出口は両端に配置されました。 リフトも設置されています。
この歩道橋は、プラナコン川沿いのキングプラジャディポック公園とトンブリ側のチャロエムプラキアットフォレストパークをつないでいます。
スカイパークの高架部分は、幅8.5メートル、長さ280メートルです。 プラポッククラオ橋の車線間にまたがっています。
チャオプラヤー川とレジャースポットを見渡すポイントを囲む庭園を併設しています。 この道ではサイクリングは禁止されていますが、自転車を降りて歩くことは可能です。

公園は1984年に建設された未完成のスカイトレイン構造から改装されました。BMAが数年前に公園のアイデアを思いつくまで30年以上放置されていました。

改修には約1年かかり、費用は約1億3,000万バーツです。 BMAはこの公園が首都の観光促進に役立つことを期待しています。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします