• 火. 1月 25th, 2022

2022年カウントダウン中止の可能性も。13日の会議決定予定。

Byサイト運営

12月 13, 2021

COVID-19状況管理センター(CCSA)は12月13日月曜日に会合し、新年のカウントダウンイベントを許可するかどうか、および南部の陸路の国境を再開させるかどうかを決定する予定です。 

CCSAは、COVID-19対策を調整すべきかどうかについても議論されます。

タイのCOVID-19の状況は改善の兆しを見せており、新たな感染や死亡者は減少傾向にありますが、これまでに確認されたオミクロン変異型の症例は3件、疑いのある症例は1件のみとなっています。

また、スポークスマンのタナコーン氏によると、マレーシアとの国境検問所は当初12月16日に再開する予定でしたが、マレーシアでオミクロンの事件が検出されたため、CCSAは状況を再評価し、再開のタイミングを調整する必要があるかどうかを議論しています。

首相は、観光事業、モール、店舗、飲食店、一般の人々に基本的な安全対策を厳守し、誰もが安心安全な新年祭を祝うことができるようにしようと呼びかけています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP