• 火. 1月 25th, 2022

タイ初のオミクロン株濃厚接触者であるウエイター、再検査で陰性に。しばらく監視が必要。

Byサイト運営

12月 8, 2021

タイで最初のオミクロン変異型感染者と濃厚接触した17人の中にいたホテルのウェイターが、オミクロン変異型に感染したかどうか、さらに検査を受ける必要がありますと、副公衆衛生大臣サティット氏は12月7日火曜日メディアに語りました。

44歳のウェイターのRT-PCR検査は「決定的ではない」ことが判明しました。
本日受けた
別のRT-PCR検査では、彼はウイルス感染自体が「陰性」であることがわかりました。

サティット氏は、ウェイターがスペインからドバイ経由でタイに到着したタイの最初のオミクロン感染者であるアメリカ人ビジネスマンに食事を提供したが、接触したのは短い間で、双方ともフェイスマスクを着用していたと報告しています。
ウェイターはその後、何人かの親戚と一緒に、北東部のウボンラチャターニー県にある故郷に戻りました。

疾病管理部の疫学部長であるチャッカラート博士は、7日の午後、ウェイターにはオミクロン変異体に感染していないことを確認しましたが、12月12日または13日に再度検査を受ける必要があります。

彼の家族のうち5人は、ウボンラチャターニー県の保健当局によっても綿密に監視されています。

その間、アメリカのビジネスマンはまだ症状を発症しておらず、14日間の隔離中となっています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP