• 金. 9月 30th, 2022

タイ首相代行のプラウィット氏。実際にどのような権限があるのでしょうか?

Byサイト運営

8月 26, 2022

昨日タイの裁判所命令で、首相の職務を一時停止させられたプラユット氏。
現在、首相の職務は副首相であるプラウィット氏が代行しています。
首相代行者は、実際どのような権限があるのでしょうか。
アジア学者大学の法学部の学長ジェイド氏が、暫定首相の役割と権限について説明しています。

同氏は、暫定首相であるプラウィット副首相は、議会を解散したり、新しい大臣を任命したりすることはできない、と解説しています。
可能なのは予算を提案し、首相の一般的な権限の範囲内である、政府関係者を異動させることです。

同氏は、国会議員は市民によって選ばれたもので、市民の代表が首相を選んだので、新しい大臣の任命や下院の解散などは、実際の首相が不在中に行うべきではないと主張しています。

しかしもう一人の副首相ウィサヌ氏は、暫定首相が議会の解散や大臣の任命を含む全権を持っていると主張しています。

このような混乱状態は国民も望まぬところでしょう。
憲法裁判所の早期結論を願いたいところです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP