これは第3波への足音なのか?ミャンマーのカジノで働くタイ人の不法越境者を逮捕。

これは新型コロナ第3波への足音なのでしょうか。

2月27日土曜日の夜、4人のタイ人女性がミャンマーからタイに違法に国境を越えた後、メーソート地区の保安検問所で逮捕されたとの発表がありました。

最初の2人のタイ人女性は、メーソート地区のメーパにあるバンヒンフォン検問所でバンコク行きのバスに乗ろうとしたところで逮捕されました。

他の2人の女性は、後に同じ検問所で、メーソートから北東の国境地帯のムクダーハーンに向かうバスで捕まりました。

その後の検問所での当局による尋問で、身元が明らかにされていない4人のタイ人女性は、ミャンマーのカジノで働き、不法に国境を越えてタイに戻り、故郷を目指すために戻ったと言います。

当局は、女性がどのようにして不法に国境を越えたのかを明らかにはしませんでした。
(後追い者の防止、セキュリティ上の理由など)

彼らはさらなる法的手続きが行われるまで、メーソートの地元の検疫所に送られています。

タイの新型コロナ第2波は、サムットサコーン県エビ市場内の外国人労働者に端を発していると言われていますが、その前にチェンマイからチェンライ地方で局所的にクラスターが発生した、ミャンマーにある売春&カジノホテルとしても有名になった「1G1-7ホテル」騒動がありました。

【動画あり】タチレクからのタイ人感染者が働くホテルは、大型売春斡旋ホテルだった!

タイの新型コロナ問題は、外国からのウイルス流入をいかにして阻止できるかにかかっています。
このニュースが、タイの新型コロナ第3波への序曲とならなければよいのですが…。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします