【タイ】12月20日は地方統一選挙です。アルコールの販売が禁止となる可能性大

お酒好きの方には悲報と感じるかもしれません。

12月20日(日)軍主導のクーデターが起きた2014年以来、タイで最初の地方選挙が行われます。

この特定の選挙は、各地方行政組織の議長とメンバーを対象としています。
街のあちこちに看板があり、さまざまな候補者の宣伝を行っています。

しかし、投票権を持ちえない外国人在住者にとっては、アルコールの販売禁止となることがほぼ確実であるということの方が重要に感じるかもしれません。(まだ正式に発表されていません)
このアルコール 販売禁止は基本的に、選挙前夜と選挙期間中、バー、ナイトクラブ、その他の娯楽施設が閉鎖されることを意味します。

タイの法律はその人が投票する資格があるかどうかに関係なく、選挙中のアルコールの販売を禁止しています。
また、仏教関連の祝日などもアルコールの販売を禁止していますので、お酒好きの方にはタイの暦チェックは必須ですね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします