• 木. 5月 19th, 2022

2021年東京オリンピックのテコンドーで金メダル選手を輩出した韓国人コーチが、タイで市民権を獲得。

Byサイト運営

2月 4, 2022

タイのテコンドーをワールドクラスに導いた韓国のコーチがタイの市民権を取得しました。

政府のスポークスマン、タナコーン氏の発表によると、プラユット首相が韓国のテコンドーコーチ、チェ・ヨンソク(최영석)氏に市民権を与える命令に署名したとのことです。

首相は、タイのテコンドーへの献身と成功に感謝しています。

彼は、トライミット寺院のチャオクン・トンチャイ僧によって名付けられたチャッチャイ・チョウェー(ชัชชัย ชเว)と言うタイ名を持っています。
彼は、昨年8月13日にタイの市民権を申請していました。

チャットチャイ氏は、2002年からタイのテコンドーチームを指導し、タイのテコンドー界をけん引してきました。
タイはオリンピックで1個、アジア競技大会で5個、東南アジア競技大会で48個の金メダルを獲得してきました。
タイは彼の指導の下、世界選手権で5つの階級で勝利してきました。

2021年の東京オリンピックでは、唯一のオリンピック金メダル受賞者となったパニパック・ウォンパッタナキット選手(女子49kg級)をも生み出しています。

パニパック選手がテコンドー女子49キロ級で、タイ初の金メダル獲得!

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP