ビッグマウンテンMフェス2日目が開演中にキャンセル。コロナを理由とするも…

ナコーンラーチャシーマーの副知事は、コロナウイルス感染拡大の懸念を理由にビッグマウンテンミュージックフェスティバル2日目のイベントをキャンセルする命令を発しましたが、それに反し日曜日にイベントが行われたため、イベントの主催者に対して法的措置を取るよう警察に要請しました。

主催者は、イベントの公式Facebookページに、州当局との交渉の後、日曜日の夜の公演が午後10時に終了したことを投稿しました。

何千人もの人々が、常にフェイスマスクを着用し、社会的距離のガイドラインを遵守するように求められましたが、 すべての人が遵守したわけではありませんでした。

ビッグマウンテンミュージックフェスティバルのチケットは1,500〜3,500バーツで、チケットパック4つに加えて、期間中のモーターホームのレンタルは35,000バーツを超えることがあります。

一方、主催者による違反に対する罰則には、伝染病管理法によると、最長1年の刑期および/または10万バーツの罰金が含まれます。

日曜日の朝に出された命令は、土曜日の夜のイベントを観察している保健当局が、フェイスマスクの規定に従わない多くの人で会場が混雑していることを発見したと述べました。
「コンサートの主催者は、Covid-19を防止および管理するための措置に厳密に従っていなかった」との監督官庁は述べます。

土曜日にチェンマイからフェスティバルに旅行した女性が熱を発したという報告を受けて、恐怖が急上昇した。しかし、疾病管理局(DDC)の局長は、女性は新型コロナの検査で陰性であったと述べた。

オパス博士は、DDCのFacebookページに、国内で新たなウイルスの発生がなかったため、「活動」を行うことができるとの支持メッセージを投稿しました。

オーシャンカオヤイ・ゴルフクラブにおけるチケット完売済みのビッグマウンテンイベントは土曜日に始まり、3万人​​の観客を集めました。近年、このフェスティバルは国内で最大かつ最も人気のある音楽フェスティバルの1つとなっています。公演は2日目の15時から午前2時まで予定されていました。

タイ当局者は、この中止命令は決して政治的なものではないと敢えてコメントしており、ソーシャルメディアでは、前日に行われたパフォーマンスが政治的な部分に触れるものであったためという説もあるようだが、かなり過激でナーバスな問題なので、当サイトではあえて触れないことにします。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします