敵はコロナではない。プーケットの街を滅ぼすのはぼったくりタクシ―説

地元のプーケットの交通機関と県当局は、再び島内の悪名高いタクシーとトゥクトゥク「マフィア」に立ち向かおうとしています。
島内には地元のタクシーやトゥクトゥクの法外な運賃におけるの長い歴史があり、プーケットは今でも高額な運賃と失礼な運転手に対して悪名高い評判を与えて続けています。

プーケットでは新型コロナの影響で、9か月間国外からの観光がほぼゼロの状態となっているにもかかわらず、このような件について国内の旅行者がソーシャルメディアに苦情を投稿されたため、旅行者を島に呼び戻す機会は、ぼったくりタクシー運転手に奪われたと地元メディアが報じています。
彼女の苦情は、地元の運輸当局が受け取った何千もの苦情と、トリップアドバイザーやソーシャルメディアで長年にわたって同様の記事が多数掲載されていることと同様のものでした。

プーケットの平均的な旅行者は、バンコクで請求される料金の3〜5倍を支払う羽目に陥ります。
「Grab」のようなオンラインサービスでさえ、その価格をプーケット周辺の地元の非常に高騰した料金に合わせるように設定されています。

12月7日にソーシャルメディアに投稿した旅行者は、彼女が請求された料金は正常かどうか疑問に思ったと言います。
「それは通常のレートですか。 外国のタクシーに乗っていると思った」と語りました。
彼女のポストは県知事にまで届き、輸送当局に対応を強いることとなった。 彼女の投稿によると、彼女は他の2人と3つの荷物を持って旅行していました。

プーケットの知事は、地元当局に不満を持った乗客に連絡して彼女のソーシャルメディアの投稿で詳細を確認するように、また地方の交通当局に地元のタクシーが公式料金に従っていることを確認するように命令したと言います。

地元のビジネスマンや観光事業者は、知事や県の運輸当局から「調査」は乗客の苦情に対しリップサービスを払っているだけで、いつものようにほとんど変わらないだろうと言います。

問題は、旅行者が飛行機から降りて、登録されているすべてのタクシーはメーターを使用する必要があると法律で定められているにもかかわらず、ほとんど機能しないタクシーメーター付きの車以外の選択肢がほとんどないことに始まります。
これらのタクシーメーターの多くはまた、法定キロメーターレートよりも速く加算されるようにターボチャージャー仕様となっています。

一方、プーケットの知事は国内の航空会社にプーケットへのフライト数を増やすように勧めています。
現在1日あたりのフライト数は60〜70で、新型コロナ以前の300フライトから減少しています。
プーケットの国際空港ターミナルは現在閉鎖されたままです。

地元メディアでは、プーケットでのタクシ―の乗り方についてこうアドバイスしています。
•「ドンソンバットは空港の出口にある机にだまされないように! 彼らは価格を調整しぼった食っています!
空港の正面玄関に行き、自分で正式なタクシーに乗りましょう!あなたを大いに救うことでしょう!」

•「トゥクトゥクの運転手は、地元の人よりも観光客に料金を請求します。パトンで最も退屈なことの1つは、トゥクトゥクの運転手がトゥクトゥクタクシーと言って嫌がらせをしていることです。彼らがどこに連れて行ってくれるかわかりません。誰もがトゥクトゥクを望んでいると思っているようです。プーケットの町に行きたいのなら、バスに乗ってたったの30バーツです。」

•「私の友人と私は運転手と価格について合意しました。それから私たちのホテルの途中で彼は引っ張ってもっとお金を要求します。私たちはノーと言ったので彼は運転を続けた。それから彼はまだ私たちのホテルまで約2または3kmあるところで、私たちに降りるように言いました。私たちは彼と議論し、彼がとても失礼で無礼な言葉を投げかけられました。残りの道を進むために、別のトゥクトゥクにお金を払わなければなりませんでした。」

こんなプーケットに行きたいと思いますか?
もしプーケットの観光産業が次々と倒産したとしても、自業自得としか思えませんね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします