• 金. 12月 2nd, 2022

マネロン対策による、新たな自動現金預金機利用規約にタイ国民が強く反発。

Byサイト運営

10月 19, 2022

タイ中央銀行が推し進めるATMの煩雑な作業は、タイ国民から総スカンな状態です。

タイ中央銀行は、マネーロンダリング防止局 (AMLO) によって導入された、自動現金預金機 (CDM) による現金預金の新しい規則を擁護しています。

タイ銀行の決済システム政策局は10月18日火曜日、新しい措置はマネーロンダリングとテロリズムへの金融支援に対するAMLO法に沿ったものであると説明しています。

また中央銀行はすべての商業銀行に、新しい要件やその他のカードレス識別サービスに対応するためにシステムを変更するよう促すだろうと述べています。

11月15日に施行されるAMLOの新しい要件では、CDM(自動現金預金機)の利用者は、クレジットカードまたはデビットカードとPINコードまたはパスワードを使用する必要があります。

それ以外の場合は、銀行の窓口に行って現金を預け、サービス料金を支払う必要があります。

多くの銀行顧客は、デビットカードやクレジットカードの申請を行う必要があり、経済的負担と不便がのしかかり不満が増大しています。
ソーシャルメディアでは、この新しい措置に強い反対の意を示しています。

これまでのところ、11の商業銀行が新しい措置を承認しておりその中には、クルンタイ銀行、サイアム商業銀行、カシコン銀行、バンコク銀行、アユタヤ銀行、TMBThanachart 銀行、UOB 銀行、CIMB 銀行、政府貯蓄銀行、住宅銀行、Kiatnakin Phatra銀行などがあります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP