• 月. 9月 20th, 2021

マレーシアからの南アフリカ変異株の流入を絶対に阻止すべし!とヨン博士

Byサイト運営

5月 2, 2021

チュラロンコン大学のウイルス学者ヨン博士は、南アフリカのウイルス株B.1.351の蔓延による、マレーシアの感染状況について懸念を表明しています。

現在非常に心配しているのは、マレーシアでの新型コロナの拡散状況であり、5つの株で5回のパンデミックを引き起こしています。
マレーシアで公開されている74種のデータベースに基づくと、マレーシアでのパンデミックの発生は、南アフリカ種が31%、つまり約3分の1を占めていることがわかりました。

したがって、この種がマレーシアからタイ南部へと侵入する可能性が高いと研究者らはいます。
パンデミックの発生は、今やタイの国境を越えてやって来ることができる、とヨン博士は言った。

南アフリカの種は、既存のワクチンの有効性を弱める株であると彼は言った。
この南アフリカ株がタイで拡散することは、絶対に許されるべきではない、とヨン博士は警告しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP