• 水. 10月 5th, 2022

「助けて、ヘビがでた!」バンコクでは15分に一本。このような通報があります。

Byサイト運営

8月 27, 2022

「杜の都」とは仙台のキャッチフレーズですが、バンコクはさながら「ジャングルの都」でしょうか。

ヘビに関する通報は、多くの人が考えているよりもバンコクでは大きな問題となっています。
199緊急ホットラインによりますと、平均して15分に一本の通報を受け、年間約6万件のヘビへの駆除が行われています。

バンコクではヘビ、オオトカゲ、スズメバチなど害虫などの駆除を求める電話が毎日約200件かかってくると言います。
そして、ヘビに関するものはその中の半数を占めています。

ヘビの捕獲に関しては成功率は90%を超えていて、捕獲後は適切な自然環境に戻すため、国立公園や野生生物保護局に引き渡されています。

バンコクでヘビの個体数が多く見受けるのは、ヘビの捕獲者がいないためだと同部門は述べています。
一方で、犬、猫、ニワトリなど彼らにとっての獲物は豊富な環境にあると言えます。

捕獲者がいない生態系が崩れた社会から、別の自然(国立公園)に放してしまって、そちらで生態系が崩れることはないのでしょうか。
哺乳類系の卵とか狙われそうですが…。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP