チクングニヤ熱をご存知ですか?パタヤで急増中です

パタヤでは、チクングニヤ熱が増加していることを警告しています。
パタヤ市職員は蚊による媒介を回避する方法について住民たちに触れ回っています。

チクングニヤ熱は、感染した蚊が媒介となって電線します。
患者は、平均して約4日間、高熱、不快感、関節痛を患います。
場合によっては、患者は入院が必要になります。

地元の人々へは、チクングニヤ熱の対処法ついて、蚊が繁殖する可能性のある家の周りの小さな水たまりなどを制限するなど、身を守る方法についてパタヤ市当局が広く教示しています。

パタヤ市はまた、害虫駆除会社の燻蒸器を地元の郊外や地域に派遣して、水たまりなどを減らす努力をしています。
また、蚊の発生を減らすために、溜まった水で満たされた噴水を備えたホテルやその他の事業を閉鎖するよう命令しました。

チクングニヤ熱は、関節痛の症状がでることが多いようです。
蚊を媒介とする伝染病には、デング熱などもありますので、観光地では長そでを着るなどして、コロナだけではく蚊の対策もしっかりなされることをお薦めします。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします