国内最大級のチャチュンサオ麻薬摘発。実は麻薬成分は1グラムのみだったと発表で幕引き計る

photo by Bangkok Post

キナ臭いがプンプンします。

当局は15日火曜日に、警察が当初約10億米ドル(300億バーツ)に相当する12トン以上の違法薬物を発見したと報じられた事件について、実は1グラム強のケタミンしか発見できなかったと述べました。

麻薬取締委員会(ONCB)事務局長のウィチャイ氏は記者会見で、12.1トンの運搬物のほとんどがリン酸三ナトリウム(食品添加物および洗浄剤として使用できる化学物質)だったと語った。

残りの301キログラムは炭酸カルシウムで、わずか1.2グラムのみがケタミンという違法薬物だったと彼は言いました。

先月、警察はタイ最大のケタミンドラッグの押収事件だと発表し、それが多国籍ドラッグネットワークの一部であることを指し示していると述べました。

末端価格にして300億バーツ(約1050億円)。国内最大規模の違法麻薬を確保

当局は後に、試験は違法薬物の証拠を示さず、リン酸三ナトリウムは試験で紫色に変わることによってケタミンと同じように反応したので見間違えたと述べています。

医学では、ケタミンは麻酔薬または抗うつ薬として使用されますが、娯楽薬としては、夢のような感覚、またはトランス状態を引き出します。そして時には幻覚を誘発するために使用されます。

ONCBは、その物質はチャチュンサオの倉庫から来たと言い、 そしてその物質は、土曜日にバンパコン地区の倉庫に隠されていたと述べました。

ウィチャイ氏は、違法物質の発見につながった調査は、ONCB、王立警察署の麻薬抑制局、および医学部によって共同で行われたと述べた。

リン酸三ナトリウムは倉庫の3つのエリアに配置され、残りの物質は敷地内の別の場所に配置されていることがわかりました。

先月ONCBは、チャチュンサオ倉庫で発見された違法物質に関連していると思われる、台湾での大規模なケタミン取り締まりについて通知を受けていました。

法務省によると、襲撃された倉庫と台湾で押収されたケタミンを接続する前に、押収されたケタミンの出所を追跡することにも成功していました。

ここまで調査を行っておいて、全て間違いでしたで通用するのでしょうか。
1グラムでも麻薬所持には変わりませんし、そもそも今更このような言い訳け信じる人がいるのでしょうか。
恐らく開けてはいけない「パンドラの箱」をうっかり開けてしまったのでしょう。
いずれにせよ、タイ側ではこれで終わってしまうことでしょう。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします