【タイ】バンセンビーチ再び封鎖へ

2020年6月28日。
バンコクから車で一時間強、日帰りでも楽しめるビーチとして、主にタイ人に人気のバンセーンビーチ。
規制緩和となった際にもコロナで自宅待機を余儀なくされた民衆が一斉にここへ訪れ、道路が一時閉鎖するという事態に発展いたしました。

過去記事:【タイ】バンセンビーチへの道路が一時閉鎖へ!

それと同じことが本日またまた発生いたしました。今朝方から午後早くにかけて大渋滞が発生し、チョンブリ県の交通警察や地方当局によってビーチまでの道路のアクセスを一時的に閉鎖することとなったのです。来週は学校が始まるということで、多くのご家族連れがビーチでのんびりしにこようとしたのでしょうが、結果的に多くの多く方を失望こととなりました。

バンセンビーチまでつながっている道路は完全に一本道となっているので、ビーチサイドで駐車に手間取っていたり満車となってしまうと、途端につまってしまう構造となっています。それも原因して、こう度々道路封鎖に至ってしまうのでしょう。

また地元警察は新型コロナウイルス状況管理センターと地方自治体の当局者によって施行された「アルコールまたはパーティー禁止」に関する規則を施行していると述べました。 彼は違反者は厳格な罰に直面する可能性があり、ビーチでのアルコールの摂取はソーシャルディスタンス義務違反を引き起こすかもしれないので、以前禁止としていますとのことだ。

今は観光客もいないので、他のビーチでも十分静かに過ごせます。バンセンビーチはこのような事態を引き起こしやすいので、日本人の方なら別のところへお祖日に行った方が無難かもしれません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします