【タイ】タイを代表するテーマパークが再開へ

2020年6月28日。
日本はテーマパークと言うとディズニーランドやユニバーサルスタジオなど、ハイクオリティでかつ候補として多くの選択肢がある。
タイではテーマパークのようなところはそう多くはない。1993年11月にオープンしたタイ人にとっての代表的なテーマパーク、それが「ドリームワールド」だ。
クォリティこそディズニーランドやユニバーサルスタジオに勝てるところは一つもないが(汗)、ファミリーや恋人同士で行けば十分に楽しめる。
そうテーマパークは一緒に行く人が大事なのかもしれないね。

そんな「ドリームワールド」も新型コロナによるロックダウン措置によりほぼ4か月間、閉鎖状態だった。
それが満を持して昨日の土曜日(6月27日)から再開することとなりました。

もちろん、入場にはニューノーマルに即した新型コロナ対策措置を採用し、フェイズ5での封鎖措置緩和という政府の命令に準拠すると述べた。

「ドリームワールドは、ソーシャルディスタンスを保つため、1日あたり最大7,500人までに訪問者を制限します」 「また、9月末までドリームワールドのパスポート料金を600バーツから500バーツに引き下げ、7月に生まれた訪問者は200バーツに割引するなど、再開を祝うさまざまなプロモーションを提供しています」とのこと。

なお、ニューノーマルの観点から団体様は5名様までとしていますとのこと。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします