• 火. 11月 29th, 2022

タイ商務省は、外国企業が適正に事業登録をしているかを調査しています。架空名義人など。

Byサイト運営

11月 23, 2022

148の外国企業が、タイの法人として登録するためにタイ人の名義を利用しているのではないかとして調査を受けています。
これは、タイが違法な事業活動の拠点となることを防ぐために、商務省が昨年開始したキャンペーンの一環です。

精査中の148社のうち、140社がプーケットにあり、4社がチェンマイに、3社がスラータニーに、1社がバンコクにあると同局は述べています。
同省の事業開発局が特別捜査局(DSI)、観光警察局、観光局と協力して、特に観光および不動産部門で疑わしい事業を調査しています。.

登録または株式譲渡プロセスで違法性が認められた場合、法的措置を取ります。

部門は、すべての外資系企業に対し、会社名義人との株式の異常な譲渡をチェックするために、事業が登録される前と後に、タイと外国の両方のすべての株主の財務状況を詳述する銀行取引明細書を提出するよう求めています。

このキャンペーンは来年も継続され、事業開発局は、すべての外国企業がタイの法律を遵守することを確実にするために、1999年の外国事業法に基づく事業登録プロセス、禁止事項、およびその他の規制について事業部門を徹底させる予定であると述べています。

同氏は、候補者を株主として利用した企業は、問題が解決するまで、最高100万バーツの罰金と1日あたり5万バーツの罰金に直面すると警告しています。
同社の取締役と指名された人物も、最高100万バーツの罰金および最高3年の懲役またはその両方が科せられます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP