• 金. 12月 2nd, 2022

マイケル・J・FOXの友人がカンチャナブリーで撮影中の思い出を語る。ガバナーアワーズでジーン・ハーショルト人類愛賞を受賞。

Byサイト運営

11月 22, 2022

受賞歴のある俳優のウッディ・ハレルソンは、マイケル J フォックスを称賛しています。
彼は、友人であるマイケルに第13回ガバナーアワーズで名誉オスカー賞を贈り、2人がタイで一緒に「コブラの血のカクテル」を飲んだ夜を思い出させました。

ハレルソンは、1989年の映画「カジュアリティーズ」の撮影中にマイケルところを訪れ、その時の思い出を明かしロサンゼルスのオスカーの聴衆を魅了しました

61歳のウッディは、カンチャナブリのどこかに設けられたセットでマイケルを訪れていたと言い、彼らはジャングルにも訪れました。
その後、2人の俳優はコブラとマングースの戦いを見るための会場に連れて行かれました。

「信じられませんでした。私がそこにいくと、マイケル(ウッディは「マイク」と呼んでいます)は何十匹もの攻撃態勢の整ったコブラが周りいるこの子供の隣に座っていました。冗談ではありません。そして、その子供はコブラと戯れていました。」
「彼はこれらのコブラの群れを罵倒し、それから彼は最も乱暴なコブラを見つけ、首をつかみ、マングースと一緒にケージに投げ込みました。そして最もクレイジーな戦いを見ました」.

「マングースが勝ち、彼らはヘビを手に取り、尻尾を縛って血を流し、4つのグラスにコブラの血を半分入れ、その後タイのウィスキーを半分満たしました。」

「コブラの血を飲むことは『蛇の兄弟になる』ことだと言われました」

二人はお互いを見て、強力なカクテルを飲みました。

しばらくして、マイケルは血まみれの飲み物を吐き出しました。

「マイケルはコブラの血を飲み干すことができませんでした。マイケルと私は一緒にたくさんの飲み物を飲みましたが、彼はいつも自制することができます。何と言っても、彼はカナダ人ですから」

テキサス生まれの俳優のトークは、会場を笑いで包みました。

マイケルが賞を受け取るためにステージに上がったとき、彼はウッディの話を「アイラブユー」と述べました。

「私たちはいくつかの損害を被りました。私たちは80年代にいくらかの損害を被りました。」

マイケル J. フォックス財団は、この病気の治療法を見つけるために10億ドル以上を集めており、マイケルはこの度、パーキンソン病への取り組みに対してジーン・ハーショルト人類愛賞を受賞しました。

ハレルソンは、1991年にパーキンソン病と診断されたマイケルを「身も凍るような診断を勇気ある使命に変えた」と称賛しています。

「彼は自らパーキンソン病の擁護者としての役割を決して求めたことがありませんでしたが、それは彼の最高のパフォーマンスでもあります。マイケル・J・フォックスは、戦い方と生き方の究極の模範を示しています。」タイで親交を深めた友人は、このようにスピーチを閉めています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP