【動画あり】サムットプラカーンで地盤沈下により道路が2メートル落下

サムットプラカーンで150メートル近い長さの道路が崩壊したため、県知事はその地域を非常に危険な災害地帯であると指定しました。

公開された写真では、道路がいくつかの場所で2メートル近く沈下したことを示していました。

この事件は、バンサオトンにあるワットマイの隣のバンクロンモン地区で起こりました。

水道管が破裂したため水道と電気の当局者が駆け付け、現場は封鎖されました。

その後、当局が集まり、今後の対応を決める危機会議が開かれた。

会議の結果、サムットプラカーン知事がこの地域を災害地帯と宣言することが決定されました。

Thaivisaは、2015年に一連の地盤沈下が発生した後、かつてスレッドを開始しました。

※地図はおおよその場所になります。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします