• 金. 9月 30th, 2022

タイ航空史上初。大雨によりスワナプーム空港からドンムアン空港に着陸変更。

Byサイト運営

9月 8, 2022

9月7日水曜日、夜に降りだした大雨の影響により、エミレーツ航空のエアバスA380がスワンナプーム空港へ着陸できず、ドンムアン国際空港に迂回することになりました。
これは世界最大のジェット旅客機が、バンコクの第2空港に着陸することを余儀なくされた初めてのケースでした。

タイの航空ラジオ(Aero Thai)は、EK363便が21時40分にドンムアン空港の21R滑走路に安全に着陸したと述べています。

その後、飛行機は燃料を補給され、翌1時8分にスワンナプーム空港に飛びたちました。

Aero Thaiによりますと、この便は広州から出発し、スワンナプーム空港に着陸予定でした。
しかし、激しい雨のため飛行機が着陸できず、スワナプーム空港上空を50分以上旋回しなければならず、その後パイロットがドンムアン空港に着陸する許可を求めました。

ドンムアン空港にはエアバスA380を収容できる滑走路がありますが、駐車場と旅客ターミナルビルがあるため、巨大な航空機に適していませんでした。

他のいくつかの便も同日、ドンムアン空港またはウタパオ空港に迂回する許可を要求したとのことです。

年々ひどくなっていく降雨量ですが、今年は異常さを感じます。

写真はイメージです

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP