• 月. 11月 28th, 2022

バンコク知事、新たな「ウォーキングストリート」を都内に30カ所以上計画中。

Byサイト運営

6月 18, 2022

バンコクのチャチャート知事は、地元の経済を後押しするために、屋台を設置するための「ウォーキングストリート」を組織することを計画しています。

チャチャート氏は、バンコク都(BMA)の会議で、バンコクを誰にとってもより快適な都市にするための216の行動計画について発表しました。

知事が最も関心を抱いている事の一つに、バンコクの人々が直面している経済問題であります。
バンコク都の関連会社に、各地区での散歩道の整理やバンコクでの農産物の販売機会の拡大など、地元の人々を支援するプロジェクトを立案するように命じています。

チャチャート氏によりますと、屋台が設置できる一時的なマーケットを30カ所以上提案しています。
これらのマーケットは、歩行者の邪魔にならないよう配慮されています。

知事はまた、地方自治体は日曜日を「カーフリー(車を使わない)」の日として、促進しようとしています。

後はそれが実行されるかなのですが…、実力のほどは未知数なので見守る他ありません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP