• 火. 7月 5th, 2022

エアアジアXが、裁判所に破産保護申請。運行には影響はないとの声明。

Byサイト運営

5月 20, 2022

2年以上続いた新型コロナ禍により、タイ・エアアジアX(TAAX)はタイの破産裁判所に破産保護を申請し、5月18日に正式に受理されました。

同航空会社は、6月から始まる日本と韓国への国際線を含め、事前に予約されたすべてのサービスが守られると主張しています。

エアアジアグループ傘下の長距離格安航空会社であるTAAXは、タイ国際航空とノックエアに続き、タイで破産を申請した3番目の航空会社になりました。

同航空会社の1,000人以上の従業員は、再生計画がどのように発展するかを待つ必要があるため、すぐには影響を受けないと同社は述べています。

しかしながら、リストラの過程で航空会社がそれらの費用を削減する必要がある場合、それは命令に従わなければならない、と同社筆頭株主のタサポン氏は言います。

同社はこの手続きを5月17日に裁判所に申請し、5月18日に受理されています。

同社の声明では、再生計画では、個別の事業とルートを持つ別個の事業体であるタイ・エアアジアとアジア・アビエーション・ピーエルシーに影響は及ぼさないと述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP