• 金. 7月 1st, 2022

もう、こそこそする必要はない? 6月9日から大麻栽培が可能に?!

Byサイト運営

5月 20, 2022

ある種の人たちには、Xデーが近づいています。

5月19日、タイ食品医薬品局(FDA)は、公衆衛生省からの指示が6月9日に発効した後、人々はマリファナと大麻を自由に栽培できるようになることを明らかにしました。

FDAは、カテゴリー5の指定麻薬リストからガンジャ(マリファナ)と麻を除外します。

指令が発効すると、THC(テトラヒドロカンナビノール)が2%を超える抽出物質を除いて、大麻と麻のどの部分も麻薬とは見なされ亡くなると当局は宣言しています。

その結果、人々は許可の必要なく大麻と大麻を栽培することが可能となります。
必要なことは、「Pluke Gan」または「growing ganja」と呼ばれるアプリを介して、FDAに成長している大麻または大麻の数を通知するのみです。

当局によりますと、商業目的で大麻とマリファナを栽培したい人にも同じ規則が適用されるとのことです。

しかし、大麻や大麻の種子やその他の部分の輸入に関しては、植物品種法BE 2518(1975)および植物検疫法BE 2507(1964)の規定に従って許可を求める必要があります。
麻とマリファナからの物質を含む食品の輸入は、空の旅と国際小包に関する法律に基づく必要があります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP