• 木. 5月 26th, 2022

タイ旅行前のPCR検査撤廃後、国際線の到着者が急増。海外旅行への機運の高まりか。

Byサイト運営

4月 6, 2022

4月1日よりタイ入国前のPCR検査の必須要件が廃止されて以来、スワンナプーム空港の国際線の到着数が急増していると地元メディアでは報じられています。

4月1日から4日月曜日までの海外からの到着者平均11,623人の旅行者が報告されており、3月の平均1日7,003人から66%増加しました。

空港のゼネラルマネージャーであるキッティポン氏は、旅行前RT-PCRテストを廃止するという政府の決定が高まったと考えています。

空港自体も、3月の1日137便の着陸と比較して、4月の平均は1日あたり141便となっています。

ただし3月30日のタイ銀行の最新の観光業に対する見通しは変更されていません。
中央銀行の金融政策委員会は、国内のオミクロンの変異株状況とロシアとウクライナの戦争の影響のため、今年の外国人訪問者の予測を560万人に維持しています。

キッティポン氏の感覚はあまりにも短絡的かと思います。
海外旅行に対する機運は、徐々にですが高まる傾向にはあるかと思いますが、事前PCR検査が撤廃した程度で急激な変化は望めないかと思います。
それよりも外的な要因、4月は駐在員の異動なども増えますので、旅行や観光目的以外の人が単に増加しているだけかと思います。
それでも、海外旅行に対する警戒は徐々に解けつつありますので、旅行者という観点からは少しづつ戻っていく事実は、新型コロナやウクライナ戦線で大きな変化がない限り、間違いないでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP