• 月. 10月 18th, 2021

タイ、刑事罰免除の最低年齢を10歳未満から12歳未満へ引き上げ。下院を通過。

Byサイト運営

9月 16, 2021

タイの下院では9月15日水曜日に、児童が犯した犯罪に対して刑事罰から免除する年齢を12歳未満と引き上げる法案が通過しました。

議員たちは、棄権1票で、282ー0の投票でこの法案を受け入れました。
法案を精査するために39人の専門チームからなる委員会が設立された。

内閣が提出した法案は、刑法第73条を改正し、法的な刑罰の最低年齢を10歳未満から12歳未満に引き上げることを目指しています。

法案によると、7歳から12歳の子供はまだ完全に認知的成熟に達しておらず、道徳的な善悪の感覚を欠いており、彼らの行動の結果を予測することはできないとあります。

法案は、犯罪を犯した少年はそれらをまた繰り返す傾向があることを理由としています。
もし彼らが時期尚早に司法手続きにかけられたならば、彼らの社会への復帰に悪影響を与えるだろうとあります。

したがって、最低年齢を12歳未満に引き上げることで、法的手続きに直面する子供の数を減らすことができ、他の措置を講じて彼らの行動を正し、正常な社会に復帰することが目的とされています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP