BTSが、ゴールドラインで試運転を開始

地元メディアによりますとBTSシーロム線とアイコンサイアムなどを繋ぐ、BTSゴールドライトレールラインを走る全3つの車両がすべて納品されたとのことです。
このいわゆるゴールドラインは無人で走行する車両システムとなっており、10月29日の本開通の前に1.8 kmのルートで試験走行が行われます。

ゴールドラインでは、BTSグリーンライン(シーロム線)から乗り換えでクルントンブリー駅(G1)、チャルンナコン駅(G2)、クロンサン駅(G3)の3つの駅に停車します。
こちらは官民パートナーシップに基づいて建設され、バンコク、トンブリーエリアの居住者がより便利に行き来が可能になります。
2018年にオープンしたアイコンサイアムへもアクセスが楽になります。(最寄り駅はチャルンナコン駅)

またこの無人ボンバルディア・イノビアAPM300列車は、最高時速時速80キロのに達することができます。

利用者は、10月29日まで無料で乗車が可能です。本開通後は、1人あたり16バーツの料金になります。

photo by The Nation Thailand

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします