• 木. 5月 19th, 2022

デジタル資産ビジネスへの規制が、タイの仮想通貨に影響がでるだろうと警告。

Byサイト運営

3月 26, 2022

金融アナリストは、サイアムコマーシャル銀行の「Bitkub Online」への投資取引は、タイ銀行(BoT)がデジタル資産ビジネスへの規制の影響を受ける可能性があると警告しています。

中央銀行は、商業銀行のデジタル資産への投資を管理する新しい規則を検討しています。
これには、商業銀行がそのような事業に資本の最大3%までを投資可能とする規制も含まれています。
この新しい規則により、SCBの資本の3%は約126億バーツであるため、SCBによる「Bitkub」への最近の178億5000万バーツの投資取引分が影響を受ける可能性があります。

アジアプラス証券(ASPS)のアナリストは、新しい規制の可能な計算方法により、SCBがBitkubと低価格での取引きを交渉するか、取引を延期することを余儀なくされる可能性があると述べています。

ただしアジアプラス証券のアナリストは、中央銀行がSCBに資本の7%をフィンテックに投資することを許可しているのと同様に、取引を引き続き達成できると楽観視しています。
中央銀行は、地元のデジタル資産ビジネスが企業統治と市場行動基準を満たしている場合、制限を押し上げるか取り消すことを検討するかもしれないと述べた。

BoTは、2022年半ばに発効する可能性のある新しい規制により、ビジネスの柔軟性が向上すると同時に、リスクの変化に対応するための監督が強化されると述べています。

タイの場合、最終的には「お金持ちの人たちの資産を守れ!」という規制の落ち着くのだとは思いますが、タイバーツへの影響も示唆されていますので、どうなのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP