【タイ】6時間、車中に取り残された男の子。病院で死亡。

photo by Bangkok Post

日本でも未だに毎年のように子供を車内に放置していたために死亡といったニュースを目にすることがある。
新型コロナでパチンコ屋の問題なども取り上げられたが、今年はどうなのだろうか。
5分だろうか1分だろうが、暑さ70度以上にもなる車内に放置されたら、あっという間に危険な状態になるので、
絶対に子供を車内放置などしませんようご注意ください。

ただこの話しは日本に限ったことではありません。タイでも同じようなケースが起きています。

南部のナコンシータマラート県では、保育所の外に駐車したバンの中に6時間も放置された2歳の男の子が、昏睡状態に陥り4日後の土曜日の夜に病院で息を引き取りました。
病院のスタッフによりますと、臓器が既に機能していなかったとのこと。

男の子は、ワットスリマラム保育所のバンの後ろで取り残されてしまい、午前7時30分から午後1時30分頃まで、一人でバンに閉じ込められていました。
その後男の子は昏睡状態となり、病院で生命維持を受けていました。

バンコクポストに詳細は記載がありませんでしたが、これは保育所の責任問題が免れないと思います。
追加情報が入りましたら、追ってお伝えいたします。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします