• 水. 5月 25th, 2022

深夜の僧侶宅で怯える女性を発見! エロ僧侶発見にサムットプラカーンの住民が暴徒と化す。

Byサイト運営

2月 10, 2022

2月9日夜半、激怒する住民がサムットプラカーンにある寺院に集まっています。
この騒動は、寺院内の修道院長住居の階段の下で震えながら、下着をはいていない女性を見つけたことに始まりました。

バンヤプレーク寺院近くに住む約100人が、20時30分頃に65歳の修道院長プラサムット・プラサーポーン・マーハープーンヨー氏の2階建ての居住区に押し寄せました。

住民らは、その女性がその夜早くその住居に入って出てこなかったという報告に疑惑を持ち、腹を立て押しかけたのでした。

修道院長は、警察が到着しても、暴徒と化した住民へ扉を開くことを当初拒否しました。

修道院長は彼らに中を見せ、そこに女性はいないと主張しました。
彼は人々を2階に連れて行き、そこで眠りました。

それから記者らは修道院長のベッドで女性用のヘアバンドを見つけ、彼に説明するよう求めました。
修道院長は、頭痛を和らげるためにそれを使用したと言い、その方法を彼らに示しました。

1階に戻ると、人々は階段の下の床に、修道院長の法衣で覆われた棚の近くにある青いブラに気づきました。


法衣を暴くと、そこにしゃがみ込んで、唇を震わおびえている女性を見つけました。

人々は修道院長と女性を引きづり出し、烈火のごとく彼らを罵倒しました。
警察は、修道院長の居住区からこのカップルを護衛するために援軍を召喚しました。
敷地内では、酒の瓶も見つかりました。

修道院長はソンタム寺院に護送され、そこで僧侶界から追放された後、尋問のためにサムロンタイ警察署に連行されました。

その後、元修道院長となった彼が、夜に女性と一緒に過ごしたことを認め、僧侶界を離れることに同意したとのことです。

この事件、実は私の住まいの近くで発生しており、ジャーナリスト精神から現場へ駆け付けようかとも思いましたが、宗教を冒涜され怒りに満ちた住民らが非常に感情的になっていて非常に危険だということで、取りやめたほどでした。
この事件を暴くために、ジャーナリストでもあり、宗教家のタイでは庁有名な「モープラー」さんも動いていました。

タイでは、相次ぐ不祥事に若者の仏教離れや、学校の先生を軽蔑する傾向が加速化しています。

【カンチャナブリー】麻薬リハビリ施設の寺院で、高額の入所費用を搾取した上、虐待行為が発覚。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP