• 金. 10月 22nd, 2021

【カンチャナブリー】麻薬リハビリ施設の寺院で、高額の入所費用を搾取した上、虐待行為が発覚。

Byサイト運営

9月 22, 2021

タイの警察と教師と僧侶は、ニュースの話題に事欠きません。

カンチャナブリーにある「ワットタープーラットバムルン」または「ワットタープー」と呼ばれるタイの寺院は、薬物常習者のリハビリ施設として有名でしたが、金銭の要求、拷問、人権侵害の申し立てが表面化し、麻薬取締委員会、公衆衛生省、地方自治体によって調査されています。

寺院の経営陣は、もはやリハビリセンターを監督する人がいないために閉鎖されたと主張します。
リハビリプロジェクトを開始した修道院長は9月20日月曜日にすでに寺を立ち去り、申し立てに対するストレスによって健康状態が悪くなったと伝えられています。

月曜日に、この施設で216名の薬物中毒者が治療を受けていましたが、非常に劣悪な状態で生活していることが判明したため、カオチョンカイ領土防衛学生訓練キャンプの仮設病院に移されました。
虐待の報告を知った親の何人かは、ショックを受け、リハビリセンターの状況を知らなかったと言います。

患者らは、自発的もしくは家族や両親からリハビリのために送られていました。
他の人々は、前科と引き換えに、警察から寺院でのリハビリを条件に入所した者もいました。

このリハビリ施設に入所の際には、全員が12,000バーツ(約4万円)を支払い、さらに月額2,000バーツ(約7千円)の食事代を支払う必要があります。

治療は12ヶ月の契約でした。
早期退院または契約違反には、さらに10,000バーツ(約3万4千円)を支払う必要があります。

このリハビリセンターでは、非常に貧弱な施設と「治療」を提供していましたが、多くの場合、患者はこのペナルティポリシーのために治療を続けるしか選択肢がありませんでした。

伝えられるところでは、200人以上の患者が1つの部屋に詰め込まれ、トイレは2つしかなかったと言います。
患者は、衛生状態が悪いために体調を崩す者や皮膚病などにかかった者が続出したと報告されています。

彼らの家族は毎月2,000バーツの食事を支払っていますが、ほとんどの患者は、1日1回、まれに2回しか食事をもらえなかったと言います。

提供された食品は、ご飯にかぼちゃを茹でたものなど、栄養価が低く粗末なものだったと言われています。
悪い日には、患者はトイレのシャワーや水洗いに使用したのと同じ水入れで提供された米を食べなければなりませんでした。
伝えられるところによると、10人もの患者が同じスプーンを使って同じボウルから食事をしなければなりませんでした。

不平を言ったり逃げようとしたりする人は誰でも、修道院長に雇われた救助隊や医療スタッフに暴力を受けたと言われています。

手をあげている男性は、今回の救出の立役者モープラーさん。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP