• 火. 1月 18th, 2022

【タイ】年末年始は、PM2.5が悪化する模様。専用マスク着用など対策ください。

Byサイト運営

12月 8, 2021

タイはここ数年、乾季がやってくると懸念されるのがPM2.5問題。
今年も12月から翌年1月までの寒い季節に悪化すると予想されると言われています。

バンコク都(BMA)は、関係機関と協力して、安全レベルを超える可能性のあるPM2.5から問題を緩和するための措置について説明しています。

バンコクのアサウィン知事によると、野外での農場の廃棄物やゴミの燃焼の禁止、道路の清掃、ほこりを取り除くための樹木への水撒き、人々にPM2.5の排出削減を促すキャンペーンの開始が含まれます。

バンコクとその周辺の空気の質を追跡するアプリケーションは、12月7日の空気の質は中程度のレベルであると報告していますが、クロンサムワー、マチャルーン通り、マハチャイ地区では、空気の質が健康に害を及ぼす可能性のあるレベルまで悪化していることを示しています。

タイ保健当局は、屋外にいる間は常にフェイスマスク、特にPM2.5粒子をろ過できるマスクを着用することを推奨しています。

PM2.5が安全レベルを超える場所での屋外での運動や活動を控え、屋外では常にフェイスマスクを着用し、ごみやお香の燃焼を止め、定期的な家の掃除をすることをお勧めします。
さらに、基礎疾患のある人は、PM2.5の粉塵にさらされるリスクを減らすために、家を出るのを控え、呼吸困難が生じた場合はすぐに医師の診察を受ける必要があります。

どうやら、新型コロナが落ち着いたとしても、マスク着用は手放せないようですね。

写真はイメージです

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP