• 月. 1月 24th, 2022

タイ南部の伝統舞踊「ノラー」が、ユネスコの無形文化遺産を受賞ノミネート。結果発表は16日。

Byサイト運営

12月 8, 2021

タイ文化振興局によると、タイ南部で人気のある伝統的な民俗芸能の一種である「ノラー」は、12月16日にユネスコの無形文化遺産を受賞する予定とのことです。

もし受賞が叶った場合、「ノラー」はタイの文化遺産として「コン」(伝統的な仮面舞踊劇)とタイ式古式マッサージに続きます。

この検討会は、12月13日から18日までパリのユネスコ本部で開催される無形文化遺産の保護に関する政府間委員会の第16回会合で行われます。

タイはその象徴的なノラダンスアートがユネスコの承認を得るのを待ち望んでいます。

「ノラー」の正式登録は、12月16日にタイ文化センターで行われる記者会見で、パリからのユネスコの発表の生放送とともに発表されます。

何世代にもわたって受け継がれてきたタイ舞踊である「ノラー」は、本質的に先祖を崇拝する儀式であり、地域社会を強化するための一習慣と見なされています。

三日間続くダンスドラマは、通常、女鳥の王女マノーラー(ノラー)を救うために出かける地元の王子の神話を物語っています。
ダンスは一般的に12の位置と17の動きで構成されており、長いネイル(つけ爪)が独特な非常に表現力豊かな指の動きが特徴です。

タイ文化振興局は12月13日から17日まで、午後8時30分頃にタイPBSチャンネルで「王国の知恵であるノラー」のドキュメンタリーを放送します。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP