• 月. 10月 18th, 2021

アナタの会社にタイの囚人たちが、押し寄せてくるかもしれません。

Byサイト運営

10月 9, 2021

タイ矯正局は、10月11日にデルタ電子社に多くの囚人を送る届けると発表しました。

同局長のアユス氏は、電子監視装置を身につけた囚人を工場で労働させるプロジェクトは、囚人を社会に戻し、刑務所の混雑を緩和させ、繰り返される犯罪を減らすのに役立つだろうと主張しています。

サムットプラカーンモデルと呼ばれるこの就職プロジェクトの囚人は、刑期の少なくとも3分の1を務め終わった、残りの任期が5年以内の者が選ばれています。
その上、彼らは道徳、職業技能および衛生習慣について学ぶことができます。

同省は、この囚人就プロジェクトで500〜1,000人の囚人を工業団地へ送ることを計画しており、彼らは定期的に監督官庁に報告し、刑期が終了するまで働く義務を持つとアユス氏は述べています

仮釈放の囚人は最低賃金を受け取ることができます。
仮釈放が終わった後、彼らは改めて本採用に応募することができます。

プロジェクトに参加する雇用主は税が優遇され、囚人の社会復帰への貢献が認められます。 

今後あなたの会社に、囚人たちが押し寄せてくるかもしれませんね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP