• 金. 10月 22nd, 2021

最大270日滞在可能な特別観光ビザ。2022年9月30日まで延長に

Byサイト運営

9月 29, 2021

観光業促進のために特別に認められている特別観光ビザ(STV)を、2022年9月30日まで延長することを承認したと9月29日政府副報道官トライスリー氏が明らかにしました。

このSTVは、新型コロナ禍によって打撃を受けた観光産業を復活させるために、最大270日までタイに滞在することを可能にしました。
購買力が高いと思われる外国人観光客を引き付けるために、昨年観光スポーツ省によって提案されました。

【タイ政府承認】特別観光VISA(STV)10月より施行!

同省は、過去1年間に5,609人の外国人観光客がSTVに応募し、経済に12億4,000万バーツの推定収入をもたらしたと報告しています。
長期滞在の観光客のほとんどは、中国、香港、シンガポール、デンマーク、オランダ、スペイン、クロアチアからの訪問客です。

タイは現在、長期滞在の観光客に開放されています

STV保有者の平均訪問期間は90日ですが、検疫後に最も訪問された地域としては、バンコク、スラターニー、プーケット、ウドンターニー、チョンブリー、チェンマイ、ラヨーンが上げられています。

特別観光ビザは2020年10月1日からスタートしました。

申請者は、指定された新型コロナの低リスク国から来ている必要があり、病院またはホテルで少なくとも14日間隔離検疫を受ける必要があります。
(ワクチン接種の状況により、検疫期間は短くなります)

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP