【タイ政府承認】特別観光VISA(STV)10月より施行!

タイ内閣は9月15日、観光業界を支援するために「特別観光VISA(STV)」スキームに基づいて、10月に長期滞在可能な観光客を入国させることを正式に承認しました。

このVISAを利用して滞在するには、以下の基準を満たす必要があります。

①タイに長期滞在(長期滞在)することを希望する外国人。
②タイの公衆衛生対策を順守すると認め、14日間代替地方検疫(ALSQ)で検疫を実施することに同意した外国人。
③タイでの長期滞在の証拠を提示可能な外国人。これにはタイで代替検疫(ASQ)サービスを提供するホテル宿泊施設または病院宿泊施設への支払い明細書並びに、以下の書類の少なくとも1つが必要です。

A、検疫後のホテル宿泊施設または病院宿泊施設の支払い明細書
B、外国人または外国人の家族が所有するアパートまたはマンションの所有権の写し
C、タイの外国人によるアパート、コンドミニアム、または家の購入の賃貸許可証または保証金のコピー

上記の基準を満たし、公衆衛生省および関連機関によって決定された新型コロナウイルスの拡散を制御するための措置を通過した外国人のみが、90日間のSTVビザを申請できます。 (申請には2000バーツが必要です)
その後入国管理局で、このVISAを2回まで延長することができ、累計で270日の滞在が可能となります。 この特殊VISAは現時点で、2021年9月30日まで有効となっています。

政府は、この計画が開始された場合、週に約100〜300人、月に1,200人の観光客が訪れると推定しています。

ついに観光目的の人にも国を開く決意をしたタイ王国。
とは言え、14日間の隔離検疫を実施するのであれば、現在のビジネスのために訪れている人たちと同等ですので、新型コロナ感染拡大のリスクも大分軽減されるかと思われます。
ただこの手のロングステイヤー希望者は、中東やヨーロッパ方面の感染力の強いウイルスが猛威を奮っている国々に多いのでより注意が必要かと思います。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします