• 月. 10月 18th, 2021

タイ運輸送、レッドラインのソフトオープンに変更なし。清掃サービスなどで約20億円の雇用

Byサイト運営

7月 21, 2021

サックサヤーム運輸相は、バンコク首都圏での新型コロナウイルス感染の増加により延期されるとの噂が流れている中、予定通り8月2日にレッドラインのソフトオープンが行われると主張しました。

サックサヤーム氏は、8月2日のソフトオープンの予定に変更はなく、プラユット首相がリモートでの打ち上げ式を主宰する予定であると述べました。

タイ国有鉄道(SRT)は、すべてのシステムが安全基準に準拠していることを確認するために、レッドラインのテストを継続すると述べています。

レッドラインは、バンスー中央駅を中心に、バンコク北部と西部の間に都市部と郊外の列車の広範なネットワークを構築するSRTの計画の一部です。

タイ国有鉄道は、レッドライン全体の清掃、セキュリティ、交通管理をカバーするいくつかの契約の入札を呼びかける準備をしていると述べた。
入札はオンラインで受け付けているとのこと。

これは、4件の契約で合計5億8500万バーツ(約20億円)相当に及びます。

内訳では、レッドライン沿いの12駅での清掃サービス(1億9,880万バーツ)、バンスー中央駅での清掃サービス(1億2,830万バーツ)、レッドライン駅でのセキュリティと交通管理(1億7,670万バーツ)、バーンスー中央駅(8,140万バーツ)になります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP