• 水. 9月 29th, 2021

【タイセレクト・ジャパン YouTubeチャンネル開設】by タイ国政府貿易センター

Byサイト運営

8月 13, 2021
2021年8月:タイ・セレクト認定レストランに関するYouTubeチャンネルの開設とコンテンツ配信の開始のご案内

<「タイ・セレクト」とは?>
タイ国政府商務省の審査に合格したタイ・レストラン名店の証。日本にいながら”本場のタイ”が楽しめます。

※「タイ・セレクト」ロゴ
※「タイ・セレクト」ロゴ

<3種類の認定マーク>
認定証マークには、下記の「シグネチャー」「クラシック」「カジュアル」の3種類があります。

※ 左より「シグネチャー」「クラシック」「カジュアル」
※ 左より「シグネチャー」「クラシック」「カジュアル」

 

● シグネチャー

本場のタイの味付けと最高級の料理、美しい店構えや極めて上質なサービスを全て兼ね備えたレストラン

● クラシック
良質なタイ料理としての基準を満たす味付けと、質の高いサービスを提供しているレストラン

● カジュアル
サービスや店舗面積に限りがある、または簡易的な運営を行いながらも、本場の味付けを提供しているレストラン

<「シグネチャー」と「クラシック」の違い>
「シグネチャー」とは、審査で5つ星にあたると評価されたレストランに与えられる認定です。
「クラシック」とは、審査で3つ星または4つ星にあたると評価されたレストランに与えられる認定です。

<コンテンツの配信開始>
2021年8月から、タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)が、「タイ・セレクト」のプロジェクトの紹介、「タイ・セレクト」ロゴと認定マーク及び「タイ・セレクト認定店」の周知・認知度向上を図り、同時にマーケティング促進、新規顧客の獲得のため、認定店様のご協力の元に、YouTubeチャンネル(タイセレクト・ジャパン)の開設やSNSを通した情報とタイ料理に関するコンテンツの発信を開始いたしました。

<YouTube チャンネル:タイセレクト・ジャパン>
YouTubeのチャンネル(タイセレクト・ジャパン)で、プロジェクトの概要のご案内や、様々な視点でのタイ料理のご紹介という切り口で、下記の11本の動画コンテンツを随時配信していきます。

● YouTube チャンネルのURL
https://www.youtube.com/channel/UCN89-fWigZnKuYLuK-w6Wfw

● 動画コンテンツのリスト

  1. タイ・セレクトのご紹介
  2. タイ料理の美味しさの秘密
  3. タイ料理のハーブとスパイス
  4. タイ料理のバリエーション
  5. タイの麺類
  6. タイのドリンク
  7. タイの郷土料理:東北部(イサーン)
  8. タイの郷土料理:北部
  9. タイの郷土料理:南部
  10. タイのお米
  11. タイ料理のテイクアウトメニュー

 

<「タイ・セレクト」の経緯>
タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)では、1999年より「タイランド・ブランド」認定プロジェクトを推進し、タイ料理レストランを含むタイ製品・サービス全般に対する認知度・信頼度の向上に努めてまいりました。2006年には、タイ料理レストラン分野の認定が「タイ・セレクト」として分離・独立されました。更に2011年9月からは、特に優れたタイ・セレクト認定レストランに授与される「タイ・セレクト・プレミアム」を新設。
また、2020年には、これまでの認定証の名称が変わり、ロゴが新しくなりました。
「タイ・セレクト・プレミアム」が「シグネチャー」へ、「タイ・セレクト」は「クラシック」となり、
新たに「カジュアル」が加わって3種類となりました。
2021年現在、タイ・セレクト認定レストランは、 ⽇本国内に約180店舗あります。

<「タイ・セレクト」の条件・基準>
・申請の時点で営業開始から6ヶ月以上経過していること
・タイ香り米をはじめ、タイの調味料を用い、本場のタイの味付けを再現した質の高い料理を提供していること
・タイらしい雰囲気及びサービスで顧客をもてなしていること
・シェフはタイ料理のシェフとして訓練を受け、経験を積んでいること
・メニューの60%以上は、タイ料理であること

【タイ国政府貿易センターとは】
タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)が東京、大阪、広島の3か所に設立しております貿易振興の事務所で、タイの製品、サービスなどの日本への輸出プロモーションを行っております。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP