• 月. 6月 14th, 2021

アストラゼネカワクチン接種後、即日死亡したタイ女性の死因は心臓発作。因果関係は未だ不明。

Byサイト運営

6月 12, 2021

6月8日火曜日の夜、アストラゼネカのワクチン注射を受けたわずか数時間後に死亡した46歳のタイ人女性が、検死の結果、心臓発作によるものであることが判明しました。

女性の心臓の右心房が破裂し180ccの出血と重度の肺水腫を引き起こし、肺に過剰な体液がたまることが判明したと、剖検を行ったブミポン・アドゥルヤデート病院のドクターは証言します。

女性の死亡が何らかの形でワクチンと関連しているかどうかは未だ不明であり、さらなる健康診断が保留されていると彼は言い、このような望ましくない副作用の可能性は10万分の1未満であるため、安全であると主張しています。

この事故の詳細は、過去記事をご覧ください。

アストラゼネカワクチン投与後、数時間後に46歳タイ人女性が死亡

タイは、これまでにシノヴァックとアストラゼネカから566万回以上のワクチンを投与しています。

これまでに 700 万回分のシノヴァックがタイに配送されており、今後数か月でさらに数百万回分が到着します。
一方、アストラゼネカワクチンは、6,100万回分を調達しており、そのうち200万回分が既に納入されています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP