• 木. 5月 26th, 2022

【続報】1月20日のCovid-19状況管理センター会議の発表内容

Byサイト運営

1月 20, 2022

1月20日に開かれたCovid-19状況管理センター(CCSA)会議において、2月1日からワクチン接種を受けたタイ入国者に対する検疫免除スキーム「Test&Go」が再開することは、既にお伝えしました。

更なる詳細が判明しましたので、続報としてお伝えします。

この「Test&Go」プログラムの下で入国する人は、到着時と5日後に再び検査をする必要があります。
さらに、自身の所在を追跡することに同意しなければならないとしています。

テスト結果を待つ間は、ホテルで隔離する必要があり、ルールを遵守していることを確認するために追跡アプリをダウンロードする必要があります。

さらに感染状況が悪化したり状況が変化した場合は、再評価し変更もあり得るとしています。

また、現在サンドボックスの対象地域は、プーケット、クラビ、パンガー、スラタニ(サムイ島、パンガン島、タオ島)ですが、チョンブリー県(バンラムン地区、パタヤ市、シーラーチャー地区、シーチャン島地区、サッタヒープ地区、ナチョムティアン地区、バンサライ地区)とトラート県(チャーン島)を含めることとに合意しました。

アルコールの販売規制も緩和され、現在の21時までから23時まで延長となります。
ただし、バーやナイトクラブは閉鎖されたままになります。

新たなゾーニングについては、次の記事でお伝えします。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP