• 月. 6月 14th, 2021

【不正?汚職?】このソーラーパネル付き街灯一つ94,884バーツ。約33万円也

Byサイト運営

6月 12, 2021

この手の話しは、日本でも雨後の竹の子のように存在しますが、ほとんどが摘発に至りません。
ただプラユット首相も汚職や不正行為を撲滅する!と宣言した以上、疑わしきは捜査すべきなのかもしれません。

プラユット首相、汚職と不正行為を撲滅する!と強い決意表明。現在タイは104位

サムットプラカーンでは、地元の行政組織が6千個以上の神話上のモニュメントを飾ったソーラー式街路灯に過度な予算をつぎ込んでいるとして非難されています。

批評家のラチャ・テーワーさんは、郡の管理組織が6,773個の街灯を設置するために6億4,200万バーツ以上の予算を費やし、受注したのは1社のみだけだったと主張しています。

昨日、ソーラーパネル計画を擁護するために出てきたTAOのソンチャイ・ノクハミン会長は、プロジェクトは適切だと主張します。.
入札、購入、郡へのライトの設置まで、すべての手順が適切に行われたと彼は語ります。

3つの委員会がプロジェクトを監督しました。
1つは、ポールの参照条件と価格、およびポールを設置する場所を設定する責任がありました。
2つ目の委員会は、その仕事の入札を呼びかけました。
3つ目は彼らを検査した、
とソンチャイ氏は語ります。

我々は、国家汚職防止委員会に提出するために必要なすべての書類を持っている。
TAOのラチャ・テーワー氏は、幹部の信用を失墜させようとしていると主張しています。

Isara通信社と「Must Share」は最近、半人の半鳥の生き物であるキンナリーを乗せた太陽電池ポールの購入に不正があったことを暴露しています。
彼らは、ポールへの支出額に疑問を呈しました。

腐敗に反対するキャンペーンを行っているFacebookページによると、2019年から2021年の間に、6,773 ポールを7回の契約で平均価格94,884バーツ、合計約 642,650,000 バーツの費用で使い果たしました。

ポールにはキンナリーが飾られており、郡の多くのエリアの通りに並んでいます。
それらは、Bangkok Road Lighting Co. によって設置されました。

そのフェイスブックページでは、莫大な予算が費やされ多くの街灯が設置されたとして、県の機関にこの計画を再調査するよう求めています。

サムットプラカーンにある別の地方政府組織では、太陽光発電の電柱に飛行機を載せるたものに予算を使い過ぎているとして、以前に告発されていました。

最近タイのニュースでは、しきりに巨大ソーラーパネル設置のニュースが飛び交っているのですが、どうもその背景には莫大な予算をめぐる利権争いによる摩擦が生じているからのようです。
現タイ政府はどこまで切り込むことができるでしょうか。
少なくともこれまでの政権は、全く手つかずやりたい放題でした。
その結果が、社会腐敗認識指数104位という数値に現れています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP