タイの地下鉄(MRT)職員が新型コロナに感染。すでに濃厚接触者は隔離中

4月28日、タイの地下鉄システムを運営しているメトロポリタン高速輸送局の従業員が、新型コロナに感染していると診断されました。

この従業員は、MRTパープルラインのサイマ駅で働いており、発熱後4月25日に病院に行き、新型コロナの検査を受けました。
その後4月27日に陽性と判断され、治療のために入院しています。

MRTによると、詳細が明かされていないこの従業員は、勤務中は常にフェイスマスクを着用していたといいます。

感染した労働者と密接に接触していた他の従業員は、新型コロナの検査を受け、14日間の観察のために隔離されたと言います。

同社は、疾病管理局が定めた健康安全ガイドラインに厳密に従っており、乗客と従業員の両方の安全を非常に重要視していると述べるに留まりました。

地下鉄に新型コロナウイルスが蔓延していたら…。
考えるだけでもゾッとしますね。(ちなみにサイマ駅では地上を走っています)

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします