• 月. 6月 14th, 2021

オーストリアで懲役刑を受けたタイ農業副大臣。タイでは外国のケースは関係ないとタイ裁判所判決

Byサイト運営

5月 5, 2021

5月5日、タイの憲法裁判所は、1993年にオーストラリアの裁判所によって麻薬密売の罪で有罪判決を受けた農業副大臣タムマナート氏が、タイの大臣職ついていることは違憲ではないと裁定しました。
「被告はニューサウスウェールズ地方裁判所から判決を受けたが、国会議員として選挙に出馬する前は、タイの裁判所で有罪判決を受けているわけではないため、違憲ではない」と裁判官は理由を述べた。

この裁判は、51人の議員が下院議長に、タムマナート氏の議会の地位が法的に違憲ではないかと請願書を提出されたことで開かれました。

この53歳になる政治家は、2019年のプラユット政権で初めて閣僚になりました。

タムマナート氏は、オーストラリアで有罪判決を受け、シドニーの刑務所で4年間過ごしており、国会議員または閣僚になるのにふさわしくないというのが、訴えた側の主張です。

彼の有罪判決について他の国会議員が質問した際の有名なフレーズ「それは小麦粉でした」で知られ、嘲笑された過去があります。
タムマナート氏は、3.2kgのヘロインが密輸されたことに関して繰り返し不正行為を否定続けました。
彼は2020年と今年の2月に2回連続して出された、不信任決議においても生き延びました。

タムマナート氏は法廷審問に出席していませんでしたが、結果がどうであれ、裁判所の判決を尊重すると述べていました。
大臣と議会の地位を剥奪された場合、彼は民間事業に戻ると言ったとのことです。

今、話題のタイ大物人物斡旋詐欺の日本人ヤマダ氏にでも依頼したのかな?(冗談です)

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP