タイのドクターグループが、アヌティン保健大臣へ辞任要求。20万人以上の署名が集まる。

インターネットを介して開始されたアヌティン公衆衛生大臣の辞任を求めるキャンペーンは、4月27日の午後に目標の20万人分の署名を超えました。

しかし、23日金曜日の深夜にキャンペーンを開始したオンライングループ「モージャマイトン」(医者はもう〇〇はいらない)は、署名を30万人にまで目標を引き上げました。
火曜日の14時45分現在、キャンペーンは203,882の署名を集めています。

同グループは、現在のタイの新型コロナの状況は、アヌティンが適切な政策立案、資源管理、ワクチン調達、または医療関係者の信頼の向上を通じて発生を制御する能力を持っていなかったことを証明していると述べています。

グループらは、アヌティンがインタビューで行ったコメントを引用して、特にそれが制御不能になった今、彼が適切なビジョンを持っていなかったことは明らかであると主張しています。

このグループは、アヌティンが最初にウイルスを軽んじていたこと「それはただの風邪だ」や、医療関係者が感染し始めたときに「感染を避けるのに十分注意しなかった医師は叱られるべきだ」と発言するなど、彼への不審点をいくつかのコメントを引用し説明しています。

一方これに対し、アヌティン氏は辞任する意向のないことを発表しています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします