4月1日から飲酒検問が厳しくなります。ご注意ください。

Picture: Amarin TV

「飲んだら乗るな!」
このフレーズ考えた人、何気に素晴らしいですね。
簡潔かつ的確に人々の頭に印象的に残ります。
しかし、この交通戦争真っ只中のタイ人に、響く言葉はあるのでしょうか。

4月1日から飲酒運転の検問が、首都バンコクで復活すると地元メディアが報じています。
彼らはそれがD-Dayになるだろうと言っています。

これらは、開放性と透明性を目指す新しい検問制度であり、9月に新たに就任したタイ王国国家警察庁の警察長官チェーン・ヨッドサック氏の発案です。

それらは明らかに、次の週のソンクラン祭りに先立って飲酒運転による事故死を防ぐため注意を促すものとして意図されていると言います。
特に事故が頻繁に発生する地域や場所に検問を設置する必要があると述べています。

検問の看板は明確でなければなりません。
出席者は全員、目的のために召集されたボランティアを含め、完全に制服を着ている必要があります。

タイは偽警官やホンモノの警官が、偽検問を行っている場合もありますので、最後の部分はそのような者への忠告かと思われます。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします