• 日. 7月 25th, 2021

第2波で大規模クラスターを出したラヨーン県。今は、カラオケ、アルコール、風俗店などほぼ解禁

Byサイト運営

2月 10, 2021

サムットサコーンで発生し、パタヤ、ラヨーン方面へ拡散したところで、新型コロナ第2波が本格的に始まりました。
そのコロナ拡散地であるラヨーンは、既にここまで復活を遂げています。

ラヨーンでは、レストラン、パブ、バー、カラオケパーラー、カラオケブースを、本日2月10日より23時まで営業することが可能となります。
マッサージパーラー、伝統的なマッサージショップ、スパ、タトゥーパーラー、スイミングプール、屋内スタジアム、お守りショップ、フィットネスセンターも通常どおり営業することができます。

パーティーの類やセミナーも許可されていますが、一度に300人を超えることはできず、適切な新型コロナ予防策を講じる必要があります。

ただし、闘鶏場または闘牛場および「闘鶏」サイトは、追って通知があるまで閉鎖のままにする必要があります。

ラヨーン知事は9日火曜日に、9日連続で新型コロナ新規症例は発生していないと主張しています。

累積総数は580例で、570例が回復し、その他は病院で治療を受け、数日で解放される予定であり、県全体の状況は改善していると彼は述べます。

さらにラヨーン県は、観光を刺激するためにバレンタインデーのプロモーションを行うだろうと付け加えました。
「ラヨーンアクアリアムでアサリを放ち、甘い愛を生み出す」と呼ばれるこのイベントでは、さまざまなシーフードやOtop製品(各県の特産品)が販売されます。
観光客は入場無料だそうです。

バンコクでは、まだお酒などは店内で飲食禁止となっています。
それでも大分日常が戻ってまいりました。
バンコクでも、早く元通りになるとよいですね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP