• 月. 9月 20th, 2021

【タイ】東京オリンピック2020に向け、国旗リレー始まる

Byサイト運営

3月 29, 2021

東京オリンピックは今年「開催する」で正しいですか?
世界はやる方向で動き出しています。

3月28日の早朝「国の旗(Flag of the Nation)」というタイトルの独自のオリンピック旗リレーを開始し、タイ全土の35の県を61日間で合計92.6キロメートル走りきります。

バンコクを皮切りに、タイの旗はアスリート、有名人、一般の人々によって4,568人の持ち主によって運ばれ、5月27日にタイのオリンピック選手と一緒に日本に向けて離陸するためにスワンナプーム空港に届けられます。

最初の担い手は、1988年にオリンピックで金メダルを獲得したアマチュアボクサーのソムラック・カムシン選手でした。
彼は午前5時から、タイ国スポーツ局のフアマーク地区でリレーをスタートしました。
彼はラムカムヘン大学まで1kmの距離を走った後、2番目のポイントで次のランナーにパスしました。

フラッグランナーは35の県、特にバンコク、サムットサコーン、サムットソンクラーム、ペッチャブーン、プラチュアップキーリーカーン、チュンポーン、スラーターニー、ナコンシータンマラート、ソンクラー、パッタルン、ラチャブリー、ナコンパトム、カンチャナブリー、スパンブリー、チャイナート、ナコンサワン、カーンペーンペット、ターク、ランプーン、チェンマイ、プレー、ウタラディット、ピサヌローク、ペッチャブーン、チャイヤープーム、コーンケン、ナコンラチャシーマー、ブリラム、サケーオ、チャンタブリー、ラヨーン、チョンブリー、チャチュンサオ、サムットプラカーンなどを走破します。

観客は、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐために、保健省の厳格な健康対策の下でイベントを観覧することが可能です。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP